ひろかわ新編集ひろかわ新編集

MOVE

ひろかわに棲む移住政策

福岡や久留米にほど近いのに、自然は豊かな広川町。
暮らしの拠点としては、いえいえなかなかのポテンシャルです。
ひろかわ新編集が、可能性に満ちた新たな生活をご提案します。

まずは、滞在して楽しんで。

人口減少が嘆かれる多くの地方にあって、ここ広川町は例外的に安定しています。適度な利便性と豊かな自然。ありそうでなかなかお目に掛かれないバランスが、広川町にはあるのかも知れません。でも、そこに安住せず、もっともっと素敵な町にして、広川に住む仲間を増やしたいと思っています。2018年春、広川町初のゲストハウスOrigeが完成しました。ここは、移住相談の窓口でもあります。もちろん、いきなり移住と構えなくとも、Origeに泊まっていただき、町のことを少し詳しく知っていただくだけでも充分。ひろかわ新編集は、いつでもみなさんのお越しを待っています。

移住政策

Orige
お試し体験・
移住相談窓口
Origeは、ゲストハウスだけでなく、移住を検討している人のための総合施設です。まずはここで、町の暮らしを体験してみてください。
移住を考えている人には、Origeの使用料を免除する「お試し居住制度」があります。そのほか、広川町での仕事をお試しで体験することができたり、定住支援員が生活や住まいの相談に対応したり。周辺のおすすめスポットなどの相談にも柔軟に対応しますので、ぜひお気軽においでください。
※お試し居住制度は2018年9月受付開始予定
移住に向けた
サポート制度
広川町には、3つの小学校区があります。町名の由来でもある河川「広川」の流れに沿って、上広川校区、中広川校区、下広川校区です。
このうち、上広川校区で住宅を取得されるときには、金融機関と連携した住宅ローンの利子補てん制度や、上水道の工事費補助、浄化槽設置費の補助などの支援制度を用意しています。詳しくは、広川町ホームページでご確認ください。
町の空き家情報※2018年10月開始予定
土地や住宅に関する情報は、「福岡県空き家バンク」に掲載しています。こちらもご参照ください。

ひろかわに棲む最新記事

TOP

お問合せ

電話受付は、平日9:00~17:00

0943-24-8281(総合窓口)

0943-24-8281(Kibiru)
0943-22-8122(Orige)

電話受付は、平日9:00~17:00

0943-24-8281(総合窓口)

0943-24-8281(Kibiru)
0943-22-8122(Orige)

お問合せ全般は、下記のメールへ

info@hirokawanewedition.org

施設利用のご予約・お問い合わせは
コンタクトフォームよりお願いします。