ひろかわ新編集ひろかわ新編集

CONCEPT

足下の宝に気づく。事業概要

旧いなにかが変わるのは、新しいなにかが現れるからじゃない。
遠くに答を探すよりも、その足下にあるまぶしい宝に気づきたい。
広川町の日常をもう一度しっかり見つめることから始めよう。

広川にはなにもない?

日本中、どこのローカルへ行っても、聞かされるフレーズがあります。「ここにはなにもない」。本当にそうでしょうか?どんな土地柄にせよ、人々の営みがある以上、輝くものがないなんてことはあり得ません。仮に、脚光を浴びる地域があったとしたら、それは単に恵まれていたのではなくて、足下の宝物に気づき、上手に磨いたんだと思います。

ひろかわ新編集は、そうした見過ごしがちなあれこれを、改めてじっくり見回し、外部のプロフェッショナルの力も借りつつ、再編集していくプロジェクトです。広川には、フルーツや久留米絣など、たくさんの素材があって、多彩な人材が暮らしています。ほら、広川ってこんなに素敵だったんだ。そんな声が増えるよう、力をあわせて一所懸命考えていきましょう。

ひろかわアトリエ

「つくる」を仕事にする人や、これからそんな仕事にしたい人に向けてオープンした、ものづくりの拠点です。元は地域の集会所をリノベーション。名前の由来は、人や情報を繋ぎ結ぶことから、それを広川の方言で。

ひろかわラボ

元交番が商品開発のための研究所に変身。Kibiruに対してこちらはHodoku、つまりほどく、解く。素材である食品を分析し、ポテンシャルを探り、新たな加工品の開発に知恵を注ぐ場所。それがHodokuです。

ひろかわハウス

広川町初のゲストハウス。宿泊施設であり、移住相談の窓口でもあります。オリゲとは、地元の言葉で、「わが家」のこと。わが家に帰るように、気軽に遊びに来てください。大きなデッキと元倉庫のマルチスペースは、さまざまなイベント企画が生まれそうです。

ひろかわ劇場Movie

  • Movie1
  • ひろかわ新編集
  • 5:23


  • Movie2
  • ひろかわ模様
  • 3:02

TOP

お問合せ

電話受付は、平日9:00~17:00

0943-24-8281(総合窓口)

0943-24-8281(Kibiru)
0943-22-8122(Orige)

電話受付は、平日9:00~17:00

0943-24-8281(総合窓口)

0943-24-8281(Kibiru)
0943-22-8122(Orige)

お問合せ全般は、下記のメールへ

info@hirokawanewedition.org

施設利用のご予約・お問い合わせは
コンタクトフォームよりお願いします。